33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ダウ終値、初の4万ドル超え

Must read

木曜日、ニューヨークのウォール街にあるニューヨーク証券取引所(NYSE)のフロアで、「40,000」と書かれた野球帽をかぶって仕事をするトレーダー。ダウ工業株30種平均は、木曜日に一時40,000ドルを超えた後、金曜日の取引終了間際に39,965ドルで引け、初めて40,000ドルで取引を終えた。写真:ジョン・アンジェリロ/UPI|英語 ライセンス写真

5月17日 (UPI)–。 ダウ工業株30種平均は金曜日、139年の歴史上初めて40,000ドルの大台を超えた。

30銘柄の平均株価は 134.21ポイント(0.3%)の40,003.59で取引を終えた。

を記録した。 S&P 500種指数は6.17ポイント上昇ナスダック総合指数は12.35ポイント(0.1%)下落し、16,685.97で終了した。

ダウは木曜日に40,000ドルの大台を超えたが、終値ではそれを下回って終わった。

ダウは1.2%上昇し、5週連続の上昇となった。S&P500種指数は1.5%、ナスダックも2.1%上昇し、4週連続で上昇した。

ウォルマートとキャタピラーの株価は共に1%上昇し、ダウは金曜日に40,000ドル台に乗せた。チャブは3%以上、バレロ・エナジーは4%以上上昇し、S&P500種株価指数の最大の上昇銘柄となった。

投資家たちは、ダウの記録的な終値について次のように語った。 実用的な価値はあまりない しかし、経済に対する国民の信頼を高める重要な役割を果たすことはできる。

カーソン・グループのチーフ・マーケット・ストラテジスト、ライアン・デトリック氏はCNNの取材に対し、「40,000ドルは素晴らしいマイルストーンだが、結局のところ、39,999ドルと40,000ドルの間に大きな差はない」と語った。「それでも、これは我々がどれほど遠くまで来たかを思い起こさせるものだ。昨年中、どれだけの人々が景気後退や弱気市場について話していたかを考えてみてほしい。今、我々は再び最高値に戻っている。

U.S.バンク・アセット・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、トム・ヘインリン氏は、経済成長とインフレ減速の組み合わせは、2024年に向けて「かなり楽観的な設定」だと述べた。

「バリュエーションが歴史的にみてやや高いことは評価できるが、収益成長もそうだし、収益の安定性もそうだ」とヘインリン氏はCNBCに語った。

投資家は、インフレが緩和し始めていることを示す労働統計局の報告書に勇気づけられ、連邦準備制度理事会(FRB)が消費者と企業の金融状況を緩和するために利下げを実施する道を開いた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article