28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

GoogleがGeminiをインドに導入、メッセージ用チャットボットがGalaxyとPixel携帯以外にも拡大

Must read

テクノロジー

グーグルは本日、Geminiサービスの拡大を発表した。このアプリは、Gemini Advancedとともに、インドと、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、トルコの4カ国で利用できるようになった。

一般的にメッセージの作成やアイデアのブレーンストーミングに使用されるメッセージ用のGeminiチャットボットは、一部のPixelやSamsung Galaxyスマートフォンだけでなく、より多くのデバイスで利用できるようになった。サポートページによると、6GB以上のRAMを搭載したスマートフォンであれば、アプリを使用することができる。

テクノロジー Android用Google Geminiアプリテクノロジー Android用Google Geminiアプリテクノロジー Android用Google Geminiアプリテクノロジー Android用Google Geminiアプリ
Android用Google Geminiアプリ

このチャットボットは、カナダではフランス語、一部の国では英語で利用できる。メッセージのGeminiは現在165以上の地域で利用可能だが、EU諸国では利用できない。グーグルは、より多くの言語と地域のユーザーにこのプラットフォームをリリースすることを約束している。

Geminiアプリに話を戻すと、グーグルはインドでのサービス拡大に「特に興奮している」と述べている。英語とインドの9つの言語がサポートされている:ヒンディー語、ベンガル語、グジャラート語、カンナダ語、マラヤム語、マラーティー語、タミル語、テルグ語、ウルドゥー語だ。

Gemini Advancedも同様で、1.5 Proとその100万トークンコンテキストウィンドウ、ドキュメントのアップロード、およびデータ分析を搭載しています。

ソース | 経由

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article