31.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

パリを拠点とするブリーガが、アフリカに特化したファンドを組成した最新の欧州VCとなる

Must read

テクノロジー

立ち上げから2年、パリを拠点とするVC、ブリーガ(Breega)のアフリカに特化したファンド、アフリカ・シードI(Africa Seed I)が、5,000万ドルの資金を確保し、最初のクローズを迎えた。7,500万ドルの調達を目指すこのファンドは、エンデバーの元CEOであるトシン・ファニロ=ダダと、EdtechユニコーンGo1の創業者であるメルヴィン・ルベガが率いている。

ファンド ブリーガは、ナイジェリア、エジプト、南アフリカ、ケニア、モロッコ、セネガル、コートジボワール、カメルーン、コンゴ民主共和国の少なくとも40カ国に10万ドルから200万ドルを投資する予定だ。

ブリーガ 自称 ヨーロッパで最も急成長しているVCの1つであるTLcom CapitalとPartechは、今年アフリカにフォーカスしたファンドをクローズしたヨーロッパの大手VCである。 これは、投資家が慎重になっているにもかかわらず、アフリカのテック・エコシステムに対するVCの継続的な関心を示している。 36%の減少 2023年のVC資金調達。

Africa Seed Iは、アフリカ大陸のアグリテック、Edtech、ヘルステック、フィンテック、ロジスティクス、モビリティ、エネルギー、気候変動技術セクターのプレシードラウンドやシードラウンドをリードしたいと考えているが、その他の方法で潜在的な投資先企業を支援することも約束している。

「私たちの目標は、事業を立ち上げる際に、こんな投資家がいたらいいな、と思うような投資家になることです」と、ルベガは次のように語っている。 インタビュー.

VCはこれまでに9つのアフリカの新興企業を支援してきた:ヌミダ(Numida)、クラシャ(Klasha)、ソシアム(Socium)、コーチビット・クワラ(Coachbit Kwara)、サヴァ(Sava)、そして最新の投資であるホーム・エナジー(Hohm Energy)である。また、最近ラゴスとケープタウンにオフィスを開設した。

テクノロジー アフリカのテック関連ニュースレターを受信する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article