23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

英ポンド/米ドル、BOEが持続可能なインフレへの懸念を理由に金利を据え置いたことを受けて反落

Must read

アメリカ

  • 英ポンド/米ドル、BOEの金利据え置き後、1.2675を下回る
  • BOEの議決権比率は7対2で変わらず。
  • 軟調な米指標が市場心理をさらに悪化させ、グリーンバックを押し上げた。

英ポンド/米ドルは、木曜日にイングランド銀行(BOE)が、英ポンド/米ドルの利上げを見送ったことを受け、下落した。 金利 インフレ目標を2.0%以下に維持する中央銀行の能力に対する継続的な懸念を理由に、金利は5.25%に据え置かれた。米国時間序盤に発表された米雇用統計は投資家の予想を大幅に下回り、リスク回避の流れに火がついた。

続きを読むBOE、予想通り政策金利を5.25%に維持

BOEは6月も政策金利を据え置くと予想されていたが、インフレ率を「持続的に」低下させるというあいまいな目標に加え、最近のサービスインフレに焦点を当てたため、ポンドは伸び悩んだ。これに加え 日銀 はまた、必要な限り制限的な政策を維持する意向を示し、英国の労働市場は以前より緩やかになったとはいえ、依然として歴史的にタイトであることを強調した。英ポンドは、木曜日の市場動向を受け、上昇する米ドルに対し約3分の1下落した。

6月14日に終了した週の米新規失業保険申請件数は予想を上回り、予想を下回った。前週比の失業保険申請件数は、前回の24.3万件(24.2万件から修正)に対し23.8万件と依然として減少しているものの、4週間のトレンド平均である24.27.5万件を上回っており、これ自体も前回の22.7.25万件から増加している。

フィラデルフィア 連邦準備制度理事会 6月の米製造業景況指数は前回値4.5から1.3に後退し、予想の5.0を完全に下回った。米5月住宅着工件数も軟調に推移し、前月比127.7万件と予想の137.0万件、前月の135.2万件(136.0万件から修正)から後退した。

金曜日には、英小売売上高とS&P世界購買担当者景気指数(PMI)が英米ともに更新される。英国 小売売上高 英国PMIは小幅ながら上昇すると予想されている。製造業PMIは51.2から51.3に、サービス業PMIは52.9から53.0に上昇すると予想される。

米国では、製造業PMIとサービス業PMIはともに前年同月を上回ると予想されている。 予想 製造業は51.3から51.0に、サービス業は54.8から53.7に低下すると予想される。

アメリカ ポンド/米ドル テクニカル見通し

ポンド ポンドは木曜日、対米ドルで1.2700を割り込み、1.2657の目先の安値まで下値を切り下げる展開となった。テクニカル面では、1.2721にある200時間指数移動平均線(EMA)を割り込むなど、弱気な展開が予想される。

日足ロウソク足が、1.2800ハンドル上の供給ゾーンから弱気な拒否反応を強めており、下落は1.2580を通過して上昇する200日EMAまで戻るペースとなっている。1.2674の50日EMAからのテクニカルサポートは弱まりつつあり、全面的な弱気押しは、GBP/USDを1.2300レベルの2024年安値まで引き下げるだろう。

アメリカ ポンド/米ドル 1時間足チャート

アメリカ GBP/USD日足チャート

アメリカ ポンドに関するFAQ

ポンド(GBP)は世界で最も古い通貨(西暦886年)であり、英国の公式通貨です。2022年のデータによると、1日平均6,300億ドル、全取引の12%を占め、世界で4番目に多く取引されている外国為替(FX)単位です。主な取引ペアは、FXの11%を占めるGBP/USD(通称「ケーブル」)、GBP/JPY(通称「ドラゴン」)(3%)、EUR/GBP(2%)である。ポンドはイングランド銀行(BOE)が発行している。

ポンド価値に影響を与える最も重要な要因は、イングランド銀行が決定する金融政策です。イングランド銀行は、主要目標である「物価の安定」(2%前後の安定したインフレ率)を達成したかどうかを判断基準としている。これを達成するための主な手段は金利の調整である。インフレ率が高すぎる場合、BOEは金利を引き上げることでインフレを抑制し、人々や企業が信用を得るためのコストを高くしようとする。金利が上昇すれば、世界の投資家にとって英国はより魅力的な投資先となるため、これは一般的にポンドにとってプラスに働く。インフレ率が低すぎる場合は、経済成長が鈍化している兆候である。このシナリオでは、BOEは金利を引き下げて信用力を低下させ、企業が成長を生み出すプロジェクトに投資するために借り入れを増やすことを検討するだろう。

データ発表は経済の健全性を測定し、ポンドの価値に影響を与える可能性があります。GDP、製造業およびサービス業PMI、雇用などの指標はすべてポンド相場の方向性に影響を与えます。好調な経済はポンドにとって好材料だ。外国からの投資が増えるだけでなく、BOEの利上げを促す可能性があり、ポンド高に直結する。そうでない場合、経済データが弱ければポンドは下落する可能性が高い。

ポンドにとってもう一つ重要なデータ発表は、貿易収支です。この指標は、ある国が一定期間に輸出で稼いだ額と輸入に費やした額の差額を測るものです。ある国が高い人気を誇る輸出品を生産している場合、その国の通貨は、これらの商品を購入しようとする外国人バイヤーから生み出される追加需要によって純粋に恩恵を受けることになります。したがって、貿易収支がプラスであれば通貨は強くなり、マイナスであればその逆となる。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に明示的な記載がない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article