33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

マクドナルドの従業員からCEOへ:革新と顧客のフィードバックが、いかにして引越トラック帝国を築き上げたか

Must read

イギリス

ボヨ・ポポヴィッチは、わずか24歳でPiece of Cake Moving & Storageの創業者兼CEOとなり、ニューヨークで最も急成長し、最も高い評価を得ている引越し会社として知られるようになった。質素な始まりから起業家としての成功に至るまでの道のりは、彼の決意、勤勉さ、革新的な考え方の証である。

20歳のとき、ポポヴィッチはモンテネグロからアメリカに渡り、生活費を稼ぐためにマクドナルドに就職した。当時はまだ英語も上達せず、「特別なスキルもなかった」ため、得られる選択肢は限られていたが、ポポヴィッチはより良い機会を見つけようと決心した。

ある友人が、引っ越し業者は常に余分な人手を必要としていると言ったことから、ポポヴィッチはニューヨークで引っ越し業者として働き始めた。

「すぐにこの仕事が好きになりました。 アントレプレナー.”とても活気があって、引っ越し業者の視点から、ニューヨークのさまざまなライフスタイルを見ることができた。

ランクアップ

引っ越し業者として1年間働いた後、ポポヴィッチはドライバー兼クルーリーダーに昇進した。彼は新しい職務を楽しんでいたが、別の挑戦を求め、自分が “快適すぎる “ようになったと感じた。その後、彼は会社の営業部門に移り、そこで本を読み、YouTubeのチュートリアルを見て、さらにスキルを伸ばすために英語を話す練習をした。

「自分を本当に追い込むことができるのが好きでした」とポポヴィッチは説明する。「制限がなかった。特に時間が決まっているわけでもなかった。8時間のシフトで終わりという感じではなかった。必要なだけ働いて、結果には責任を持つという感じだった。

ファウンディング・ピース・オブ・ケイク

イギリス ピース・オブ・ケーキ
ピースオブケイクは、ニューヨークで最も急成長し、最も評価の高い引越し会社としてリストアップされています。 インスタグラム経由@PieceOfCakeMoving

進歩にもかかわらず、ポポヴィッチは再び落ち着かなくなり、新たな目標を設定することにした。この分野で何年も経験を積んできた彼は、引越し業界の欠点のいくつかを熟知していた。「この業界は、コミュニケーションからEメール、顧客サービスの経験、オペレーションまで、すべてが時代遅れでした」とポポヴィッチは説明する。「改善の余地がたくさんあった。私はそこにチャンスを見出したのです」。

2018年、24歳のポポヴィッチは、2万ドルを1台の引っ越しトラックに投資し、他の引っ越し会社と差別化できるブランドの創造に乗り出した。会社の名前とブランディングから始めたポポヴィッチは、鮮やかなピンクと紫の色が特徴的な「Piece of Cake」を生み出した。ポポヴィッチによれば、この社名は「当時の市場では他に類を見ないもの」であり、ビビッドな色彩は「100台のトラックが並ぶ中で」トラックを際立たせるものだった。

顧客サービスへのこだわり

ポポヴィッチ氏は、顧客が満足することが、口コミによる推薦や新規ビジネスの主要な源であることを理解し、卓越した顧客サービスを提供することに専念していた。「顧客からの最初の電話から、電子メールでのやり取り、引越し当日、そして引越し後のフォローアップに至るまで、すべてのタッチポイントを入念に行います。

ピースオブケイクはまた、ビジネスプロセスを強化し、意思決定をサポートするために、顧客レビューなどのデータを使用しています。例えば、顧客からテレビの破損報告が通常より多い場合、同社はスタッフに追加トレーニングを提供している。また、この引越し事業者は、どの地域が最もトラフィックが多いかを注意深く監視し、統計の違いの背後にある理由を研究して、必要な調整を行う。

課題の克服

ポポヴィッチ氏は、会社の成功にもかかわらず、ピース・オブ・ケーキの拡大を維持するのに十分なスタッフの確保と、会社内での成長の加速が障害になっていると指摘した。また、ほとんどのビジネスリーダーは一から上級職に就くことを考えると、CEOとしての自分の能力にも不安があったという。

“どうすればこのプロセスを加速できるのでしょうか?”ポポヴィッチは尋ねた。「会社の次の段階に対応するための十分な知識をどのように得ればいいのか。私も含めて、CEOという立場を全うできるようになるには、どのように学び、成長すればいいのだろうか?

ポポヴィッチによれば、その秘訣は、早い段階から成長し学ぶ機会をたくさん与えることだという。誰かが “私はこのポジションにいます。私は行き詰まりを感じています。と言われるまで待たないことだ。私たちはその人に近づき、『君は本当にいい仕事をしている。別の課題に取り組んでみませんか? [We’re] 常に人々をコンフォートゾーンから押し出す。 [are] 私たちの正しさを証明する”

イギリス ピース・オブ・ケーキ
Piece Of Cakeの引越コンサルタントが会社のバイクで目的地に到着。 インスタグラム経由@PieceOfCakeMoving

ポポヴィッチ氏はまた、一貫して居心地の良い場所から一歩踏み出すことで、自分の野望を現実にしたと信じていると述べ、これから起業を志すすべての人に同じことをするようアドバイスした。「良い製品と良いサービスがあれば可能なのだから。消費者に提供する価値があるのなら、それは可能です」。 [just] 時間の問題 [before] それは徐々に回復していく。そして、それが軌道に乗れば、本当に大きなものになる。だから大きく考えよう。夢は大きく。

現在の成功と今後の計画

ポポヴィッチの創造的な戦略は効果的であることが証明された。マイアミ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ダラスに拠点を持ち、ニューヨークに本社を構えるピース・オブ・ケーキは、急速に事業を拡大している。800人の従業員と350台のトラックで、同社は外部資金なしで全米50州で年間10万件以上の移送を行っている。

「トラック1台とわずかな従業員で始めた小さな事業が、今、急速に拡大している。 [now] 私たちがノートにスケッチしたブランドが、アメリカ中の主要都市で何百人もの人々をサポートし、生活しているのを見ることは、間違いなく私を興奮させ、毎日目覚めさせ、会社にできる限りの奉仕をしようと奮い立たせるものです」と、ポポヴィッチは締めくくった。

ヴォイヨ・ポポヴィッチのカー・バレーから成功した起業家への道のりは、忍耐力、継続的な学習、戦略的思考の力の証である。ポポヴィッチは、引越し業界における改善の機会を特定し、卓越した顧客サービスに専念することで、繁栄するビジネスを築き上げた。彼の物語は、居心地の良い場所から一歩踏み出し、大きく考え、さらに大きな夢を見ることの重要性を強調している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article