29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

木曜日のダウ工業株30種平均は上昇、失業保険申請件数が利下げ期待を後押し

Must read

  • ダウ・ジョーンズ、株高で上昇。
  • 米失業保険申請件数、昨年8月以来の高水準に。
  • 市場はFRBの利下げに期待を寄せている。

ダウ工業株30種平均(DJIA)は木曜日、投資家がFRBによる利下げに期待し、さらに上昇した。 FRB 利下げは米初回後に 失業保険申請件数 が数ヵ月ぶりの高水準に上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者は、インフレ率がFRBの目標である2%までさらに進展することなく利下げが実施される可能性や、米国の雇用市場に緩みが見られる兆候をFedspeakで語っているため、このところ利下げ期待を押し下げている。

5月3日に終了した週の米新規失業保険申請件数は23万1,000件となり、前週比で昨年8月以来の高水準を記録した。前週の新規失業保険申請件数も20万9000件と、当初の20万8000件から若干上方修正された。失業保険申請件数の増加は、FRBが早晩利下げに踏み切るのではないかという利下げ待望論に拍車をかけている。

ダウ・ジョーンズのニュース

木曜日、ダウ工業株30種平均を構成する個別銘柄のうち、5銘柄を除くすべてが上昇している。安値圏では、セールスフォース(CRM)が-1.36%安の275.15ドルまで下落した。IBMはセールスフォースの後塵を拝し、木曜日には-1.17%下落、1株あたり-2ポイント下落の166.27ドルとなった。

ダウ・ジョーンズのテクニカル見通し

主要株価指数が40,000.00に迫る史上最高値を更新する中、木曜日のダウ平均は330ポイント以上上昇し、0.85%上昇した。指数は38,950.00付近で序盤の底値を見つけ、DJIAは39,387.76で取引を終えた。

ダウ平均は6営業日連続で上昇し、直近の底値37,708.00付近から4%以上上昇しました。同指数の直近安値は37,600.00近辺にあり、DJIAは36,897.69の200日指数移動平均(EMA)から約6.5%上昇している。

ダウ平均5分足チャート

ダウ・ジョーンズ日足チャート

FRBよくある質問

米国の金融政策は連邦準備制度理事会(FRB)によって形成されています。FRBには、物価の安定と完全雇用の促進という2つの使命がある。これらの目標を達成するための主な手段は金利の調整である。物価が急速に上昇し、インフレ率がFRBの目標である2%を上回ると、FRBは金利を引き上げ、経済全体の借入コストを上昇させる。その結果、米ドル(USD)が上昇し、海外投資家にとって米国がより魅力的な投資先となる。インフレ率が2%を下回ったり、失業率が高すぎたりすると、FRBは借入を促進するために金利を引き下げることがあり、これが米ドルの重荷となる。

連邦準備制度理事会(FRB)は年に8回政策会議を開き、連邦公開市場委員会(FOMC)が経済状況を評価し、金融政策を決定する。FOMCには、7人の総務会メンバー、ニューヨーク連銀総裁、残り11の地域準備銀行総裁のうち4人、計12人のFRB高官が出席し、持ち回りで1年の任期を務める。

極端な状況では、連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和(QE)と名付けられた政策に頼ることがある。QEは、FRBが行き詰まった金融システムの信用の流れを大幅に増加させるプロセスである。QEは、危機時やインフレ率が極端に低い時に使われる非標準的な政策手段である。2008年の大金融危機の際、FRBが選択した武器だった。これは、FRBがドルを増刷し、それを使って金融機関から高グレードの債券を買うというものだ。QEは通常、米ドル安をもたらす。

量的引き締め(QT)はQEの逆のプロセスで、連邦準備制度理事会(FRB)が金融機関から債券を買うのを止め、満期を迎えた債券の元本を再投資せず、新たな債券を購入することである。通常、米ドルの価値にはプラスに働く。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に明示的な記載がない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていません。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article