28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

今日の株式市場:FRBの利上げ懸念後退で株価上昇、アップルも登場

Must read

木曜日の米国株は、FRB(米連邦準備制度理事会)デーの嵐の後の静けさの中で、投資家の上昇を見せた。 金利懸念はさておき アップル(AAPL)の決算と今後の月例雇用統計。

S&P 500種(^GSPC)はおよそ0.9%上昇し、ダウ工業株30種平均(^DJI)は約0.8%上昇した。ハイテク株の多いナスダック総合株価指数(^IXIC)が1.5%上昇し、上昇を主導した。

パウエル議長が、FRBは依然としてデータ次第で考えを形成していると再び強調したように、金曜日に発表される4月の雇用統計に注目が集まっている。ウォール街は、4月雇用統計に亀裂が入る兆しがないか注目している。 堅調な労働市場政策決定者にとって重要な要素である。

一方、OECDは は米国のパフォーマンスを高く評価した。 世界経済が予想を上回るペースで成長しているのは、米国のパフォーマンスが高いからだとし、楽観的な見方を示すもう一つの理由を示した。

時間後、アップルの株価は6%も上昇した。同社は前四半期の一株当たり利益と売上高が予想を上回ったためだ。同社はまた、1100億ドルの追加自社株買いを実施し、配当を1株当たり0.25ドルに増額すると発表した。

ライブ中継は終了しました14件の更新

  • アップル株、増配と自社株買いの発表で上昇

    アップル(AAPL)の株価は、同社が予想を上回る四半期決算を発表し、配当を0.25ドル増やし、1100億ドルの自社株買いプログラムを承認する計画を発表した後、時間外取引で3%以上上昇した。

    ヤフー・ファイナンスのダン・ハウリーが伝えている:

    アップルのグレーターチャイナの売上高は前年同期比8%減の163億7000万ドルだったが、アナリストが予想していた158億7000万ドルよりは良かった。肝心のiPhoneの売上は459.6億ドルと、前年同期の513.3億ドルから減少した。

    全体として、アップルは908億ドルの収益で1株当たり利益(EPS)1.53ドルを報告した。Bloombergがまとめたアナリスト予想によると、ウォール街は903億ドルの収益で1.50ドルのEPSを予想していた。

    アップルは、復活したファーウェイと、売上を削っている中国経済の減速のワンツーコンビネーションに対処している。

    同社の株価は年初来で約10%、過去12ヶ月で2%下落している。マイクロソフト(MSFT)とグーグル(グーグル, グーグル)は、昨年1年間でそれぞれ30%、58%上昇している。

    Macの売上は予想67.9億ドルに対し74.5億ドル、iPadの売上は55.5億ドル。アナリストは59.1億ドルを予想していた。AirPods、Apple Watch、Vision Proを含むウェアラブル製品の売上は79.1億ドル。ウォール街は82.8億ドルを予想していた。

    サービス収入は238億7000万ドル。アナリストは232億8000万ドルを予想していた。

  • 10年債利回りが3週間ぶりの低水準となり、株価は上昇して引ける

    米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が、米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げについて、次のように述べた。 は “ありそうもない”。

    これらのコメントは、利回りが上昇していた債券市場に顕著な安堵感をもたらした。 株式ストラテジストの間で重要な懸念事項となっていた。 10年債利回り (^TNX)は過去2回の取引で12ベーシスポイント下落した。木曜日の終値は4.57%で、ここ3週間で最低の水準だった。

    一方、2年物国債も大幅に緩和され、今週初めの5%強から木曜日には4.88%まで下落した。

  • 失業率は従来の経済指標を覆している

    4月の雇用統計は米国東部時間金曜日の午前8時30分に発表される。コンセンサスでは 非農業部門雇用者数のわずかな減速 失業率は3.8%で横ばいと予想される。

    失業率が4%未満を維持するのは27ヶ月連続となる、 これは1970年に記録された連続記録に並ぶ。

    FRBの積極的な利上げキャンペーンを考えると 多くの人が景気後退につながると考えていた失業率の回復力は、ほとんどの経済予測モデルを大きく裏切ってきた。

    マシュー・ルゼッティ米チーフ・エコノミスト率いるドイツ銀行のエコノミクス・チームは木曜日のリサーチ・ノートで、労働者の離職率が2016年以来の最低水準に達し、通常失業率が高くなる水準にあることを強調した。

    ルゼッティのチームは、労働力人口に占める総雇用者数と総離職者数の比率を離職率の指標として使用した。下のグラフに見られるように、パンデミックが起こるまでは、この比率は失業率と密接に連動していた。

    「現在の離職率の低さからすると、失業率は5%を超えるだろう。

    ルゼッティ氏は、2つのデータポイントの相関関係が離れ、失業率が歴史的に低いままである理由について、いくつかの理由を挙げている。ひとつは、企業の労働者確保難が雇用率を押し下げている可能性があることだ、 企業は労働者を手放したくないのかもしれない。従って、離職率は低く抑えられる、とルゼッティは示唆した。さらに 移民の増加 また、パンデミックによる大規模な雇用喪失の影響がまだ残っている一方で、一部の業種では依然として高水準で雇用が行われているため、労働供給を促進する上で重要な役割を果たしている。

    FRBの コミットメント 投資家もエコノミストも、米国経済が期待される成長率を達成するために持ちこたえられるかどうかを引き続き注視している。 “ソフトランディング” ここでインフレ率は、景気が大幅に悪化することなく、FRBの目標である2%まで後退する。

  • パウエル議長の利上げ見送り発言で市場は「安堵」の兆し

    水曜日、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は次のように述べた。 という考えを否定した。 米連邦準備制度理事会(FRB)は、年明けのインフレ率の波乱を考慮し、再び利上げを検討する可能性があるとの見方を否定した。

    そして木曜日、市場はこの動きを祝福したようだ。小型株のラッセル2000指数(^RUT) と考えられている。 金利感応度が高い 木曜日には1.5%以上上昇した。

    不動産 (XLRE同じく金利に敏感なセクターであるXLRE)は、S&P500の11セクターをリードし、約1.5%上昇した。

    一方、S&P500(^GSPC)はおよそ0.9%上昇し、ダウ工業株30種平均(^DJI)は0.8%上昇した。ハイテク株の多いナスダック総合株価指数(^IXIC)が1.5%上昇し、上昇を主導した。

    JPモルガン・アセット・マネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ガブリエラ・サントス氏は、パウエル議長の発言を受けて、投資家は安堵のため息をついているのではないかと推察した。

    「結局のところ、利上げが本当に検討されておらず、昨日の会合前に織り込み済みであったと聞いただけでも、ほっとしたのではないでしょうか」。 サントスはヤフー・ファイナンスに語った。

  • パラマウント株、ソニーとアポロの260億ドル買収提案で急伸:レポート

    パラマウント・グローバル(PARA )が木曜日に急騰し、約10%上昇した。 ニューヨーク・タイムズ は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントとプライベート・エクイティ会社アポロ・グローバル・マネジメントが、メディア大手ソニー・ピクチャーズエンタテインメントを260億ドルで買収することに正式に興味を示したと報じた。 (情報開示:ヤフー・ファイナンスはアポロの所有。)

    パラマウント 辞退の連絡あり アポロが以前提示した、140億ドル相当の負債を含む260億ドルの全額現金での買収提案。また を辞退したと報じられた。 がスタジオ事業だけのために110億ドルの入札を行ったと報じられた。

    報告書によれば、関心表明は今週書簡で送られたとのこと。全額現金での買収提案の条件では、ソニーが大株主となり支配株主となり、アポロは少数株主となる。

    パラマウント ボブ・バキッシュCEOを更迭したシャリー・レッドストーンが経営する持ち株会社ナショナル・アミューズメンツ(NAI)を通じて支配されている、 故サムナー・レッドストーンの娘 .

    ナショナル・アミューズメンツは現在独占会談 パラマウントの支配的株式を売却するため、デイビッド・エリソンのスカイダンス・メディアと独占交渉を行っている。スカイダンスとの独占交渉の期限は金曜日に切れるが、その期間が延長される可能性もある。

    パラマウントの議決権を持たない株主は、この取引条件について公に懸念を表明している。 が不当に利益を得ていると批判している。 レッドストーンは、彼女の株式を購入すると、次のような結果になると伝えられている。 20億ドルの現金収入議決権のない株式を保有する投資家は合併会社の株式(および希薄化された持ち株)を受け取ることになる。

    によると、今週初め、スカイダンスは不満を持つ投資家をなだめようと、修正した買収案を提出した。 複数の報道.新しい取引には30億ドルの現金注入が含まれ、現株主に合併会社のより大きな株式を提供すると伝えられている。

    パラマウントはアポロとソニーの報道についてコメントを拒否した。アポロとソニーは、ヤフーファイナンスの要請に直ちに応じなかった。

  • 全米の住宅価格は横ばいから上昇へレッドフィン

    住宅供給が不足する中、米国の主要都市圏では約2年ぶりに住宅価格が下落していない。

    によると Redfinによるレポート4月28日までの4週間で、全米50の大都市圏の住宅販売価格の中央値が前年比で上昇または横ばいとなったのは、2022年7月以来のことである。

    レッドフィンは、供給の少なさが価格を押し上げていると指摘した。「新規物件は前年比15%増だが、4月の典型的な水準を大きく下回っている:今年4月の新規物件数は、2023年と2020年を除いたどの年よりも少なかった。”

    Redfinの調べによると、4月の住宅販売価格の中央値は38万3,188ドルで、前年同月比4.8%増となり、過去最高を記録した。

    地域別では、カリフォルニア州アナハイムの住宅価格が前年比で20%上昇し、フロリダ州ウェストパームビーチは13.4%上昇した。売却価格と現在の住宅ローン金利が相まって、住宅ローン支払額の中央値は過去最高の2890ドルとなり、1年前より15%近く上昇した。

    住宅ローン金利は7%を超え、30年固定金利住宅ローンの金利は前週の7.17%から木曜日に7.22%に上昇した、 フレディマック調べ.一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は水曜日、基準金利を安定的に維持すると発表し、住宅ローン金利が今後も安定的に推移するとの見通しを強めている。

    レッドフィンのデータによると、4月28日までの4週間で、住宅購入希望価格の中央値は過去最高の420,450ドルに跳ね上がった。これは2022年9月以来最大の伸びだ。

    コストの上昇は、春の住宅購入シーズンの中で住宅購入者に課題を追加している。一部のエージェントは、最近の住宅ローン金利の上昇が買い手を遠ざけ、住宅ローン申請活動に影響を与えていると報告している。しかし、まだ十分な買い手が残っているため、価格は高止まりしている。

  • 木曜日のトレンドティッカー

    カーバナ (CVNA)

    カルヴァナ株占拠 木曜日、ヤフー・ファイナンスのトレンド・テロップ・リストで1位を獲得した。中古車プラットフォームの株価は、記録的な四半期決算を発表した後、34%上昇した。

    株価は昨年から不安定で、空売りのスクイーズもあった。株価の空売り残高は浮動株の28%強で推移している。

    「S3パートナーズのイホール・ドゥサニウフスキー社長は、「CVNAでショートスクイーズが起きているのは確かだが、それはロングバイヤーが株価を上昇させ、ショートカバーが上昇しやすいスキッドに油を注いでいるのだ。

    クアルコム (クアルコム)

    クアルコムの株価は木曜日に約10%上昇した。 クアルコムの株価は木曜日に約10%上昇した。

    株価は年初来で約28%上昇。

    ペロトン (ペロトン)

    コネクテッド・フィットネス機器メーカーのペロトンは、バリー・マッカーシー最高経営責任者(CEO)が退任し、全世界の従業員を約15%削減すると発表し、ペロトン株は12%下落した。

    定置式フィットネスバイクのメーカーはまた、四半期決算を発表した。 業績予想を下回る .

  • 金利が3週連続で7%を超える中、住宅購入者はARMに目を向ける

    住宅購入者は、取引を成立させるために調整可能金利住宅ローンに目を向けている。

    ヤフーファイナンスのガブリエラ・クルス=マルティネス記者 がレポートしている:

    フレディマックによると、30年固定住宅ローンの金利は前週の7.17%から7.22%に上昇した。金利は今年第1週から半%以上上昇し、3週連続で7%を超えている。

    米連邦準備制度理事会(FRB)が今週、基準金利を据え置き、長期的に上昇させることを決定したことから、借入コストがいつ緩和し始めるかは依然として不透明だ。FRBが住宅ローン金利に直接影響を与えることはないが、市場の反応は影響を与える。

    住宅購入者は、高騰する借入コストに対抗するためにできることは何でもしている。

    4月26日に終わる週の申し込み件数に占めるARMの割合は8%近くに達した。 住宅ローン銀行協会(MBA)の週間調査によると、今年最高のシェアとなった。

    ARMの増加は、人気の30年固定住宅ローンの平均金利が2023年11月以来の高水準に達した後、住宅ローンの全体的な申し込みが先週弱まったにもかかわらず起こった。

    読む 続きはこちら

  • ハイテク株上昇、半導体が上昇率トップ

    木曜日のハイテク・セクターは、半導体株が大幅上昇となった。情報技術セクター・セレクトETF (XLK)は取引中に1%以上上昇した。

    エヌビディア(エヌビディア)が2%以上上昇した一方で、クアルコム(QCOMQCOM)は、半導体企業の予想を上回る収益予測を受けて10%以上上昇した。チップメーカー装置メーカーのASML(ASML)は2%以上上昇した。

  • ビットコイン、記録的なETFの流出を受けて59000ドルまで反発

    ビットコイン(BTC-USD)は、スポットビットコイン上場投資信託(ETF)からの1日の記録的な資金流出を受けて、木曜日に3%以上上昇し、59,000ドルを上回った。

    ブルームバーグのデータによると、投資家がスポットビットコインETFから正味5億6400万ドルを回収したため、暗号通貨は水曜日に57000ドル以下に沈んだ。

    暗号通貨は最近の下落トレンドにあり、木曜日の反発の前に3日連続で下落している。

  • カーバナ、サプライズ利益で34%急騰

    カルバナ(CRVN)の株価は、オンライン自動車プラットフォームが最新四半期に驚きの利益を計上したことを受け、木曜日に34%急騰した。

    同社は、0.80ドルの損失予想に対し、0.23ドルの四半期調整後利益を報告した。売上高は30億6000万ドルで、ウォール街予想の27億6000万ドルを上回った。

    同社はまた、前年より2,129ドル高い6,432ドルのユニット(「GPU」)当たりの売上総利益を記録した。

    株価は木曜日の取引開始時に120ドル近辺で推移している。株価は年初来でおよそ143%上昇している。

  • FRBが金利を据え置き、アップル決算を控えて株価上昇

    FRB(米連邦準備制度理事会)が金利を据え置いたことで、木曜日朝の株価は上昇した。 連邦準備制度理事会(FRB)の政策決定.

    S&P 500 (^GSPC)はオープンでおよそ0.6%上昇した。ダウ工業株30種平均 (^DJI)は0.5%上昇した。ハイテク株の多いナスダック総合株価指数(^IXIC)が0.8%上昇し、上昇を主導した。

    水曜日、連邦準備制度理事会(FRB)は金利を据え置いた。このところ、利下げではなく利上げが行われるのではないかという懸念が市場に忍び寄っていた。パウエルFRB議長が利上げの可能性は低いとコメントしたことで、投資家は安心した。

    業績面では、アップル(AAPL)は、今日の午後に報告書を提出する予定である。iPhoneメーカーの株価は木曜日、およそ1.5%高く始まった。

  • 今夜のアップルの決算説明会には、マクロメモを持参しよう

    ほとんどの投資家は、アップル(AAPL)午後。

    S&P500種株価指数が5%上昇したのに対し、株価は年初来で12%下落している。

    米国と中国の経済的課題が、強大なアップルにどのような影響を与えているかに注目が集まっている。これらの課題が売上にとってより大きな問題となる場合、投資家は決算説明会で避けられないAIの話に有頂天になるのを控える可能性がある。

    JPモルガンのアナリスト、サミック・チャタルジー氏からの有益な指摘:

    「センチメント [on Apple] しかし、今後発表される決算は、個人消費の低迷や中国の市場シェア縮小に関連する逆風など、景気循環的な課題の大きさを見極める上で、投資家にとって依然として重要である。”

  • FRBによる利上げへの反発

    今朝、マーケットで高まっているシナリオを受け、ストリートは一斉に歌い出した:FRBは今年、インフレ率を最終的に目標の2%まで引き下げるために、実際に利上げを行うかもしれない。

    この歌は、FRBが利上げに踏み切るよりも、豚が空を飛ぶ確率の方が高いというものだ。

    水曜日のFRBの決定後、今朝JonesTradingのマイク・オルークが、これらすべてについて良い指摘をしている:

    「パウエル議長が利上げを再開させるという恐怖の宣伝は馬鹿げていた。暴騰のきっかけとなる藁人形があるとすれば、これがそれだった。年初にFOMCは今年6回の利下げを行うだろうと信じられていたのと同様に、この憶測は無意味だった。データにもFRBのコメントにも、このような緩和観測を裏付けるものは何もなかったのに、どういうわけかそれがコンセンサス・ビューとなり、実際に市場に織り込まれてしまったのだ。パウエル議長は、インフレが底堅い場合、FOMCはインフレ抑制のために必要な限り金利を据え置く、と何度も断固として明言してきた。減速する経済データが出てきたときに利上げしすぎるリスクだけでなく、半年後には選挙もある。FRBのバランスシートを4年前の4兆ドルから9兆ドルに拡大し、今日では7.4兆ドルで正常化を先細りさせると言っている。 パウエル議長がタカ派的なのは他に選択肢がないときだけで、現在はインフレが彼を抑制している。1年遅れで積極的に金利を引き上げても、インフレに強くなるわけではない。.”

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article