23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

次の波残念ながら、経営破綻した新興企業は基本的に死んでしまう

Must read

テクノロジー

初出:2024年07月07日

ケニアのスタートアップ・シーンでは今、「スタートアップが一度、厳密には破産の一種である管財手続きに入ると、二度と立ち直れない」という暗いジョークが流れている。通常、管財人は債権者に返済するために資産を売却し、創業者には一連の説明だけが残されることになる。

「アフリカでは、管財人の管理下にある会社はほとんどない」と、私は5人以上の業界の専門家から聞いたことがある。

しかし、これは常にそうなのだろうか?特に、創業者が心血を注いで製品を開発し、厳密なデューデリジェンスを要求する慎重さを増す投資家を乗り越えてきたのに、何がこのような失敗を招くのだろうか?

スタートアップの経営が時に事業の閉鎖につながる理由は、スタートアップの状況をよく知る者にとってはかなり一般的なことだ。

まず、スタートアップの世界はイノベーションと計算されたリスクを取ることで繁栄していることを理解する価値がある。しかし、大きなリスクには失敗の可能性も伴う。経営難に陥っているスタートアップに閉店から新たな息吹をもたらすことが夢かもしれないにもかかわらず、現実には、ほとんどの場合、経営は道の終わりを意味する。

言葉は悪いが、管理の道を選んだ「失敗したスタートアップ」は、未払い手形、サプライヤーへの債務、法的責任など、多くの金銭的義務を負うことになる。個人事業とは異なり、新興企業は通常、独立した法人格を持つ。つまり、創業者個人ではなく、新興企業自体がこれらの債務に対する責任を負うことになる。

債権者(主にベンチャーキャピタル/投資家やサービスプロバイダー)は、投資の一部を回収したいと考えている。法律上の合意に基づき、常に最初に支払いを受けるべき相手が存在する。法的請求権のような担保を持つ債権者が優先され、誰よりも先に資産の所有権を取得する。

残念なことに、そして彼ら自身に落ち度があるわけでもないのだが、投資家や株式保有者は、しばしば最後尾に立たされることになる。多くの場合、投資額の全額が消えてしまう。スタートアップの資産は、単に彼らの最初の貢献をカバーするのに十分でないため、株式の価値は低くなる。

特許や著作権、あるいはコア技術などの知的財産(IP)に価値がある場合もある。会社はこれらの資産を売却して損失を取り戻そうとするかもしれないが、このような売却が残された財務的な亀裂全体をカバーできることは稀であり、買い手が通常「死んだ」資産を所有したがらないことを考慮すると、売却が実現しないケースもある。

テクノロジー なぜ行政は数字通りにノックをするのか?

によれば 研究結果 ファウンダーズ・ファクトリーによる調査[459008]では、最大のハードルの2つは、資金調達と市場適合性である。もうひとつは 研究 2022年にSkynovaが行った調査 では、資金調達の不足が新興企業の半数近く(47%)を破滅に追い込むことが明らかになった。経済の不確実性と投資家の信頼の低下は、この問題を悪化させるだけだ。

同じSkynovaの調査では、創業者の58%がより深い市場調査を行わなかったことを後悔していることも示された。新興企業が、自分たちの提供するサービスがまだ受け入れられていない市場に参入するケースがあるが、これは理想的には、これらの企業が顧客のニーズを軽視していることを示している。場合によっては、消費者の嗜好の変化に適応することの重要性を十分に理解していない新興企業もある。

テクノロジー ケニアで起きていること

ケニアのスタートアップ・シーンは、成功したスタートアップの確かなケーススタディになり得るが、最近注目された失敗例は、成功への道をナビゲートすることに疑問を投げかけている。3つの主要な新興企業-Sendy(e-ロジスティクス)、iProcure(アグリテック)、Copia(B2C e-コマース)-は、スタート時点では成長を記録していたにもかかわらず、すべて管理部門に入りました。

よく見ると、これらの新興企業は多額の資金(実際には数千万ドル)を確保したものの、市場環境の変化への対応に苦慮していた。

例えば、コピアはローンサービスに進出したが、債務不履行で大きな損失を被った。

2022年にさらなる資金を確保し、注文処理のみに軸足を移した後も、センディは事業を好転させることができず、結局2023年8月に閉鎖した。

iProcure は、Spark Fundのもう1つの受益者であったが、公表されていない負債が原因で、最終的に経営を選択した。

コピアは再起を図るため、全従業員を解雇し、さらなる投資を求めたが、買い手がつかなかったため、傾向は悪化した。コピアは清算手続きを開始し、市場から永久に撤退する道を歩んでいる。センディもまた、1年以上大きな進展が報告されていない。

iProcureの運命はまだ明らかではない。管理プロセスは進行中だが、傾向としては廃業の可能性が高い。

iProcureは技術スタックの拡張と開発のために投資家から1720万ドルを調達した。Sendyは、2020年1月にAtlantica Venturesが主導した資金調達ラウンドで2,000万ドルを調達したにもかかわらず、買い手が見つからず経営破綻した。Copiaは1億2300万ドル以上を調達。

「これらの企業のPRは常に、いくら調達したかについてであり、何をしているか、どのような影響を及ぼしているかについてではなかった。私の希望と祈りは、私たちが虚栄心ではなく、重要な指標にもっと焦点を当てるようになることです」と、連続起業家であり、スタートアップの常連コメンテーターであるアリ・カシムは、数週間前に私に語った。

その重要な指標とは?

「黒字への道筋」と彼は明言した。

収益性を重視することは、持続可能な成長と、投資家の資金を高給で使い果たすこと、あるいは失敗する可能性の高い製品を発売することの違いを決定するのだから、理にかなっている。

最後に、スタートアップ企業が高額な給与や失敗するとわかっている製品の発売によって投資家の資金を使い果たすことについては、まだ論じていないことに注意してほしい。それはまた別の日にしよう。


ケン・アブヤ(東アフリカ担当シニア記者

メールでのお問い合わせ[at]bigcabal.comまで、今回のNextWaveについてのご意見、ご感想をお寄せください。または、返信をクリックして感想やご意見をお聞かせください。


テクノロジー ご連絡お待ちしております

この下だ

本日のNext Waveをお読みいただきありがとうございます。シェアしてください。または、誰かがあなたにそれを共有した場合、購読 こちら アフリカにおけるデジタル・イノベーションの進展に関する新鮮な視点を毎週日曜日にお届けします。

いつものように、このエッセイへの返信や反応をお気軽にメールでお寄せください。メールを読むのはとても楽しい。

TCデイリーメルマガは毎日(月〜金)配信しています。TCデイリー・ニュースレターは、テクノロジーとビジネスに関するニュースを毎日配信しています。平日午前7時(日本時間)に受信箱にお届けします。

Twitter、Instagram、Facebook、LinkedInでTechCabalをフォローし、アフリカのテックとイノベーションに関する私たちのリアルタイムな会話に参加してください。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article