33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

本日の株式市場:日本の日経平均株価が史上最高値を更新、アジア株高を牽引

Must read

バンコク(AP)-日本のベンチマークである日経平均株価は木曜日に急騰し、40,913.65と過去最高値を記録した。

世界の投資家は、米連邦準備制度理事会(FRB)が成長を鈍化させインフレを抑制するために20年来の高水準に維持してきた金利を引き下げることを切望しており、それを可能にするほど物価圧力が緩和しているとの期待が復活している。

欧州市場序盤、ドイツのDAXは0.2%上昇の18,586.00、パリのCAC40は0.8%上昇の7,694.52となった。

ロンドンでは、FTSE100は0.7%高の8,228.90。英国の有権者は、新政権を選ぶために 議会選挙 木曜日、野党・労働党が政権を握るとの見方が広がっている。

S&P500種株価指数は0.1%上昇、ダウ平均は0.2%上昇した。

日経平均は0.8%高の40,913.65円となり、自動車株など輸出関連株が買われ、史上最高値を更新した。日経平均の日中取引における史上最高値は、3月22日の41,087.75円。過去最高値は3月22日の40,888.43。

日経平均株価は、3月22日の終値40,888.43円を上回った。 長年の記録 1989年12月29日に記録した38,915.87を2月に更新した。

トヨタ自動車の株価は2%上昇し、本田技研工業は3%上昇した。日産自動車は4.5%上昇し、コンピューター検査機器メーカーのアドバンテストは2.1%上昇した。

対ドルで34年ぶりの安値で取引されている日本円の安さもあり、投資家は日本市場に参入している。円安は輸出企業の利益を日本に還流させるため、利益を押し上げる傾向がある。

投資勘定に関する規制の変更も株式購入を後押ししている。

日経平均株価は今年に入ってから22.4%上昇した。日経平均株価は1980年代後半、日本のバブル経済で資産価格が高騰したときに急上昇した。しかし、1990年初頭に金融バブルが崩壊すると、日経平均株価は暴落した。

アジアの他の地域では、香港のハンセンは序盤の下落から回復し、0.3%上昇の18,028.28、上海総合指数は0.8%下落の2,957.57となった。

台湾のタイエックスは1.5%上昇し、チップメーカーで市場の重鎮である台湾セミコンダクター・マニュファクチャリングは2.7%上昇した。

オーストラリアでは、S&P/ASX200が1.2%上昇の7,831.80、ソウルのコスピは1.1%上昇の2,824.94。

バンコクのSETは0.5%上昇。

水曜日の米国株は、連休明けのセッションで上昇を続けた。 弱い報道 経済に関する弱い報道は、金利引き下げの可能性に門戸を開いていた。

米国市場は独立記念日の祝日のため、木曜日は休場。

水曜日、S&P500種株価指数は0.5%上昇し、2日連続で、そして今年33回目の史上最高値を更新した。終値は5,537.02。ダウは0.1%減の39,308.00、ナスダック総合株価指数は0.9%増の18,188.30。

ウォール街の希望は、景気が軟化し、株価が下げ止まることである。 インフレ上昇圧力しかし、労働者を失業させて不況を引き起こすほどではない。

より期待されるのは、金曜日に発表される、6月中に雇用者が何人給与を増やしたかについての包括的な最新情報である。

10年債利回りは4.44%から4.35%まで低下し、債券市場にとって注目すべき動きとなった。米連邦準備制度理事会(FRB)が主要金利を過去20年以上の最高水準から引き下げるのに十分なほどインフレが減速しているとの期待から、4月以降、利回りは総じて低下している。

木曜日早朝の他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国の指標原油は41セント高の1バレル83.47ドルとなった。

国際標準のブレント原油は35セント安の1バレル86.99ドル。

米ドルは161.67円から161.23円まで下落した。米国の利下げにより、基準貸出金利がゼロに近い日本との金利差が縮小するとの期待を反映した。

ユーロは1.0787ドルから1.0799ドルへ上昇した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article