25.4 C
Tokyo
2024年 6月 17日 月曜日
- Advertisement -spot_img

AUTHOR NAME

Kristen V Brown

1 投稿
0 コメント

本日の株式市場:FRB総裁の講演後、世界株式は概ね上昇

ニューヨーク -- 米連邦準備制度理事会(FRB)から、より多くの企業や経済報告へと市場の関心が移る中、月曜日のウォール街の株価は幅広く上昇した。S&P500種株価指数は、27.60ポイント(0.6%)上昇し、4,433ドルとなった。S&P500種指数は27.60ポイント(0.6%)上昇し、4,433.31となった。S&P500種株価指数は27.60ポイント(0.6%)上昇し、4,433.31となった。ダウ平均は213.08ポイント(0.6%)上昇の34,559.98、ナスダック総合は114.48ポイント(0.8%)上昇の13,705.13。各企業は最新の決算報告を終え、そのほとんどがアナリストの予想を上回った。それでも、S&P500種株価指数全体の利益は、根強いインフレの影響で約4%減少している。ベスト・バイ、コストコ、ダラー・ジェネラルなどが、今週決算を発表する大手小売企業である。3Mは、欠陥のある耳栓に関する55億ドルの和解案に合意したとの報道を受けて5.2%上昇した。ボストン・サイエンティフィックは、投資家向けに心臓病治療装置の試験に関する有望な最新情報を提供し、6%上昇した。ハワイアン・エレクトリックの株価は、ラハイナのコミュニティを荒廃させた山火事を引き起こした責任があるとの非難を押し返し、44.6%上昇した。ハワイアン・エレクトリック社は、火災が発生する数時間前に、火災地域の電線への電力が遮断されたと発表し、マウイ郡が先週提出した訴訟の申し立てに反論した。株価は過去3週間で約63%下落している。投資家は今週、雇用市場の過熱やインフレの冷え込みが続いているかどうかを見極めるための経済指標を発表する予定だ。最新のデータは、FRBが年内に金利を据え置くのか、それとも再び引き上げるのかについて、より多くの手がかりを与えてくれるだろう。ウォール街は火曜日、7月に急上昇し、8月も好調を維持すると予想されている消費者信頼感に関する最新情報を得る。政府は火曜日に7月の雇用統計、金曜日に8月の雇用統計を発表する。雇用市場は、高インフレの中で好調を維持しており、景気後退に対する防波堤として機能していると信じられているため、注視されている。投資家とエコノミストは、木曜日に発表される政府の最新インフレ率に注目している。個人消費支出に関する報告は、インフレ率を2%に戻そうとするFRBが好んで使う指標である。PCE報告では、6月のインフレ率は3%上昇し、7月の報告では3.3%とわずかに上昇すると予想されている。全体としては、1年前の最高値7%から低下している。パウエルFRB議長が利上げについて「慎重に進める」と発言したことで、投資家は安堵して先週を終えた。コモンウェルス・フィナンシャル・ネットワークの投資運用責任者であるブライアン・プライス氏は、「一般的なコンセンサスは、利上げサイクルの終わりに近づいているということだ」と語った。中央銀行は、高いインフレ率を引き下げるため、すでに主要金利を2001年以来の高水準に引き上げている。これは昨年初めの実質ゼロから上昇したものだ。FRBは前回の会合で金利を据え置いたが、根強いインフレと戦うために将来の利上げを否定していない。CMEのFedWatchツールによると、ウォール街はFRBが9月の会合で再び金利を据え置くことに賭けている。しかし、FRBが2023年末までにもう1回利上げを行うかどうかについては、賭けはほぼ均等に分かれている。パウエル議長は金曜日、今後の利上げ決定は、今後発表される経済指標の内容に基づいて行われると述べた。10年物国債利回りは、金曜深夜の4.24%から4.21%に低下した。FRBへの期待により近い2年債利回りは、金曜深夜の5.08%から5.06%に低下した。アジア市場は幅広く上昇した。中国は、2020年に国境が閉鎖され、鎖国が始まった後、世界への開放のマイルストーンとなるCOVID-19の検査結果が陰性であることを入国者に要求しなくなる。欧州市場も上昇した。--Yuri KageyamaとMatt Ottが寄稿した。引用元へ

Latest news

- Advertisement -spot_img