6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日
- Advertisement -spot_img

AUTHOR NAME

Thomas W. Malnight

3 投稿
0 コメント

PCゲーマーよ、喜べ!Windows 11がAIを搭載してゲーム機能を強化へ

イギリス Microsoftは、NvidiaのDeep Learning Super Sampling (DLSS)技術に似た、PCゲーム向けの独自のAIアップスケーリング機能を開発中である可能性がある。巷では、バージョン24H2と呼ばれるWindows 11の次期バージョンは、人工知能(AI)を搭載した印象的な機能の数々を誇るだろうと言われている。Windows OSの次期バージョンには、アプリ間のコンテキストを理解し、画面上のテキストや画像を識別できる、より進化したCopilotが搭載される見込みだ。AIを搭載したこのアシスタントは、PC上で行うすべての操作を、自然言語を使って検索しやすい瞬間に変換することもできる。Windows 11におけるCopilotの統合を改善する試みの一環として、Microsoftは以下のことを行っている。 報告されている スマートなコパイロットのアクションとアニメーションの導入を準備している。ソフトウェア大手はまた を発表した。 今月初め、ウィンドウズ・コパイロットのフルスクリーンモードが発表された。注目すべきは、今後発表されるAI機能のほとんどが生産性重視のものだということだ。イギリス Windows 11ではカラーマネージメント機能が改善される現在、X(旧Twitter)のユーザーであるPhantomOcean3が、Windows 11の最新バージョン(24H2)内の超解像機能を発見した。マイクロソフトによると、自動超解像(Auto SR)は、「AIを使用して、サポートされているゲームを、細部を強化してよりスムーズにプレイできるようにする」方法だという。バージョン24H2には、以前の報道の通り、AIによる「超解像」機能が搭載される。グラフィックス設定にあるいくつかの設定-デフォルトのトグルとアプリごとのオプション-を紹介します。(26052) pic.twitter.com/fI9t4ksTWH- ファントムオーシャン3 ☃️ (@PhantomOfEarth) 2024年2月10日さらに、この情報提供者は、Auto SRは「GPUの代わりにNPUを使用する」と主張している。同様に、情報筋はWindows Centralの...

イングランド銀行の金融安定性報告書、金利上昇下での回復力を強調

ビジネス情報 イングランド銀行は最近、最新の金融安定性報告書を発表し、金利が上昇を続けるなか、英国の家計と企業の回復力を強調した。この回復力を認める一方で、報告書では、金利上昇が住宅ローンの返済や金融全体の安定に及ぼす差し迫った全面的な影響についての懸念も改めて示している。過去1年間、日本銀行は主要政策金利を14回段階的に引き上げ、2023年8月には15年ぶりの高水準となる5.25%に達した。こうした引き上げにもかかわらず、報告書は、近年借り入れられた住宅ローンの大半が固定金利であったため、金利上昇が家計に及ぼす影響が遅れていると指摘している。住宅ローンの借り手口座の約55%、合計約500万件が、2021年後半に金利上昇が始まって以来、再値下げされている。しかし報告書は、2026年までにさらに500万世帯が金利上昇の影響を受けると警告している。2023年4月から6月と2026年末の間に固定金利から移行する典型的な持ち家の住宅ローン利用者の場合、毎月の住宅ローン返済額は約240ポンド上昇すると予測され、39%の大幅な上昇となる。こうした住宅ローン金利の上昇が家計に影響を与え続けるため、平均的な債務返済負担は増加すると予想される。アンドリュー・ベイリー総裁は、英国の銀行部門は依然として十分な資本を有しており、最近のストレステストをうまく乗り切ってきたと再確認した。ベイリー総裁は、経済・金融情勢が悪化した場合でも、銀行セクターが家計や企業を支援する能力があることを強調した。ベイリー氏は、銀行収益の主要な原動力である純利鞘がピークに達した可能性が高いことを認めた。にもかかわらず 住宅ローン この報告書は、住宅抵当権の差し押さえが過去のパターンと比べて限定的な増加にとどまったというプラス面を指摘している。ベイリー氏は、これは借り手をサポートする金融システムの能力が向上したためであり、金融の安定性が高まったことが大きなメリットであるとしている。しかし、ベイリー氏は、住宅ローンを組んでいる住宅所有者と賃貸住宅を所有している家主の両方において、滞納が増加していることを強調した。特に、持ち家が減少していることを考慮すると、賃貸住宅に住む人の割合が増えていることに懸念を示した。滞納の問題は、特に購入賃貸市場というレンズを通して精査される。サラ・ブリーデン金融安定担当副総裁は、一部の借り手が住宅ローン金利の上昇にどのように対応しているかについて議論した。ブリーデン副総裁は、特に若い借り手の間で、最長35年の長期住宅ローンが増加傾向にあることを指摘した。ブリーデンはまた、定年退職後の融資にも注意を払い、晩年の住宅ローン支払いで収入が圧迫される可能性を監視する必要性を強調した。企業部門においては、特に中小企業で滞納が見られた。しかし、報告書は、パンデミックのピーク時に比べて、リスクの高い企業の割合が減少していることを示した。固定金利の英国企業債務の大部分は2025年以降に満期を迎えることから、世銀は英国企業セクター全体として回復力を維持していると判断した。ベイリー総裁は、英国以外を見渡すと、全体的に厳しいリスク環境であることを強調し、特に世界的なリスクとして中国経済を挙げ、不動産セクターの様々な部分が依然として緊張状態にあることを指摘した。ベイリー総裁はまた、中東での悲劇的な出来事に起因する地政学的な不確実性についても言及した。報告書は、伝統的な銀行以外の機関が提供する融資や信用といった「ノンバンク」金融の脆弱性に対する懸念を強調した。ハイ・イールド債やレバレッジド・ローンを含む市場金融は、リスクが依然として大きく、場合によっては7月の世銀の前回報告書より増加している分野として特に強調された。ベイリー総裁は、米国債のデリバティブ市場における不均衡の拡大について注意を喚起し、ヘッジファンドがこうした商品のポジションを急速に解消する必要が生じた場合、市場が不安定になる可能性を強調した。ベイリー総裁は、前年9月のクワシー・クワルテンのミニ予算後のLDI危機を引き合いに出しながら、より広範な混乱のリスクに注意を促した。報告書はまた、日本銀行の金融政策委員会が、LDIの継続的な採用について説明を受けたことも明らかにした。 人工知能 (金融サービスにおける人工知能(AI)と機械学習。ベイリー氏は、生産性向上におけるAIの潜在的な利点を認める一方で、その背後にあるコードの複雑さと理解の必要性を強調した。最後にベイリー総裁は、先日亡くなったアリステア・ダーリング前首相に敬意を表し、賢く、親切で、ユーモアのセンスがあったと述べた。引用元へ

企業の社会的目的が利益を生み出す方法

ビジネス情報 アドボカシーに基づくビジネスモデルを採用するケース。2023年10月27日ジェフリー・クーリッジ/ゲッティ イメージズ<page-utils data-js-target="page-utils" data-id="tag:blogs.harvardbusiness.org,2007-03-31:999.367169" data-title="How Your Company’s Social Purpose Can Also Drive Profit" data-url="/2023/10/how-your-companys-social-purpose-can-also-drive-profit" data-topic="Corporate strategy" data-authors="Thomas W. Malnight; Ivy Buche" data-content-type="Digital Article"...

Latest news

- Advertisement -spot_img