23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日
- Advertisement -spot_img

AUTHOR NAME

Tom Rees Bloomberg

2 投稿
0 コメント

マーク・キューバンは、もしあなたがこれら4つのことをするならば、あなたは自分のビジネスを始める準備ができていると言う。

ビジネス情報 現職を離れてベンチャー企業を立ち上げることは、魅力的であると同時にリスクを伴うかもしれない。しかし、思い切った行動に出る前に、代替案を用意し、以下の4つのステップを検討するよう、大成功を収めた起業家であり投資家でもあるマーク・キューバンはアドバイスする。「まずお金を貯めること。ただ放置してはいけない。 と、キューバンは先月ワイアードのビデオQ&Aで語った。彼の理由はこうだ:勝利の物語が存在する一方で、会社生活を捨てて独自の事業を追求する個人のほとんどは、困難や完全な失敗に遭遇する。<iframe srcdoc="html,body{overflow:hidden;height:100%;background:#000;}" loading="lazy" width="200" height="113" src="https://www.youtube.com/embed/Ko5AJh2J4xU?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" referrerpolicy="strict-origin-when-cross-origin" allowfullscreen title="Mark Cuban Answers Business Questions...

英国のインフレ率が予想以上に緩和、賃金価格スパイラルの抑制に期待

ビジネス情報 英国のインフレ率は予想以上に低下し、過去1年以上で最低の水準となった。国家統計局が水曜日に発表した6月の消費者物価指数は、前年同月比で7.9%上昇し、5月の8.7%から急落した。ポンドは弱含み、投資家は金利の更なる急上昇への賭けを縮小した。これは5ヶ月ぶりの下方サプライズであり、2021年7月以来最大のマイナスで、エコノミストが予想した8.2%を下回った。「インスティテュート・オブ・ディレクターズのエコノミスト、キティ・アッシャー氏は、「今日の主な話題は、インフレ率が予想を下回り、最悪期を脱したというシナリオを煽ったことだ。「イングランド銀行は、この結果、企業経営者などが将来のインフレに対する予想を引き下げ、それが自己実現することを期待している。コア・インフレ率も7.1%から6.9%に低下し、過去30年間で最も早い一連の利上げが、物価の高騰を抑制し始めている可能性を示唆した。このことは、イングランド銀行が物価上昇を抑えるためにあと何回利上げを行うかについての憶測を呼び起こした。「BOEの安堵のため息が聞こえてきそうだ。 クレディ・アグリコル.「最低でも、英国の金利投資家は8月の50bps引き上げ予想を再考する可能性があり、終値6%の予想も見直す可能性がある。ブルームバーグ・エコノミクスの見解 ...「6月の予想外のコアインフレ鈍化は、イングランド銀行が8月の会合で25ベーシス・ポイントの利上げを実施するのに十分だろう。基調的な物価上昇圧力は今年いっぱいは緩やかにしか緩和しないため、中央銀行は9月と11月にも利上げに踏み切ると思われる。"-ブルームバーグ・エコノミクスのダン・ハンソンとアナ・アンドラーデ。REACTをクリック。投資家はイングランド銀行の追加利上げ観測を後退させ、ポンドは下落。ポンドは0.8%安の1.2931ドルと1週間ぶりの安値をつけた。市場では現在、主要金利のピークは6%を下回ると見られており、今月初めの6.5%から低下している。発表前にほぼ織り込み済みだった8月の半値上げの確率は、2分の1に低下した。ギルトは急騰し、2年債利回りは20ベーシスポイント以上低下して4.86%となり、3月以来の大幅下落となった。PwCの消費者市場担当業界リーダーであるリサ・フッカー氏は、「5月に予想を上回るインフレが続き失望させられた後、6月のヘッドラインインフレ率の低下は、消費者にとっても産業界にとっても安心材料となった」と述べた。この急激な緩和は、インフレ率が6月の物価上昇率に関するBOEの予想と一致したことを意味する。ここ数ヶ月のインフレ率は、BOEが5月に発表した予測値を大きく上回っており、金利上昇への賭けを後押ししていた。イングランド銀行が国内インフレの兆候を注視している指標であるサービス・インフレ率も、6月は7.2%と前月の7.4%から低下した。サービス価格の上昇率は5月から0.5%に過ぎず、過去4ヵ月間の平均の半分以下であった。コア・インフレの指標である非エネルギー工業製品価格は1月以来の下落となった。フューチャーズ・ファースト・カナダのアナリスト、リシ・ミシュラ氏は「日銀にとっては喜ばしい数字だ」と語った。「コアCPIは6.9%とまだ非常に高いが、進行方向は正しく、市場は終値レートを5.75%に近づけると思う。ONSによると、インフレ率は、自動車燃料価格の下落と食料品価格の冷え込みが足を引っ張ったという。食品とノンアルコール飲料の価格は17.3%上昇し、5月の18.3%上昇から低下した。レストラン・ホテル価格も5月の10.3%から9.5%に低下し、宿泊部門が牽引した。のチーフ・エコノミスト、ヤエル・セルフィン氏は次のように述べている。 KPMGKPMGは、イングランド銀行は、インフレ率が依然として目標を大きく上回っていることから、「タカ派的な政策スタンスを大幅に変更する可能性は低い」と述べた。「インフレ率が2025年初頭までに目標値に戻る可能性は低い。「今年のインフレ率は平均7.5%で、2024年には3%に低下すると予想している。インフレ率の鈍化は、食料品やエネルギーコスト、住宅ローン金利の高騰に悩まされている消費者にとっては救いだ。また、木曜日に行われる重要な特別選挙を前に、リシ・スナック首相にとっても助けとなる。全国世論調査で野党労働党に大きく遅れをとっている保守党のスナック首相は、物価上昇率を2022年末の10.5%から今年は半減させると約束している。「ジェレミー・ハント財務相は声明の中で、「インフレ率は低下しており、昨年3月以来の最低水準にある。「しかし、我々は満足しておらず、物価高が家庭や企業にとって依然として大きな心配事であることを知っている。パイプラインの価格圧力はさらに緩和の兆しがあり、当局者は小売業者によってすぐに転嫁されることを期待している。生産者投入価格は、原油価格と商品価格の下落を受け、前月比で予想を上回る1.3%の下落となった。前年同月比では2.7%の下落となり、年間では2020年11月以来のマイナスとなった。工場出荷価格は0.3%下落し、前年比0.1%上昇にとどまった。フォーチュン・ウェル・チームによる、より賢く働き、より良く生きるためのシンプルな戦略満載のニュースレター「Well Adjusted」を購読しよう。 今すぐ登録.引用元へ

Latest news

- Advertisement -spot_img