2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

iQOO 12」のスペックが再びリーク、今回はディスプレイの詳細も

Must read

テクノロジー

について iQOO 11 昨年12月に発売されたiQOO 11だが、すでに後継機の開発が進められている。これまでのところ、私たちはiQOO 12が次のようになると聞いている。 OmniVision OV50Hセンサーを採用する。 1.2µmピクセルの1/1.28インチサイズの50MPセンサーである。そして、噂ではiQOO 12は以下を搭載して出荷されるとされていた。 64MP潜望鏡ズームカメラ OmniVision OV64Bセンサー搭載。

今日、中国からの多作なDigital Chat Stationによって、これらのスペックが再び発表された。彼はiQOO 12について、これまで未公開だった新しい情報も追加している。例えば、144Hzのリフレッシュレートを持つ「2K」解像度のE7 OLEDディスプレイ(QHDと読む)が搭載されるという事実だ。

テクノロジー iQOOO 11iQOOO 11

また、メタルフレーム、ディスプレイ内の超音波指紋センサー、200Wの有線充電に対応した「超大容量バッテリー」を搭載するという。

他の噂によると、iQOO 12は2024年の第1四半期、つまり1月から3月末までの間に国際市場に登場する見込みだ。背面には合計4つのカメラが搭載されるはずで、すでにリークされているものとは別に、ウルトラワイドと2倍から3倍のズームカメラも搭載されるようだ。また、過去のリークでは、SoCにSnapdragon 8 Gen 3を搭載し、最大24GBのRAMと1TBのストレージを組み合わせるとされていた。

現在、iQOO 12と呼ばれるモデルがいくつになるのかについて混乱があることに注意してほしい。その場合、上に書かれていることはすべてProモデルに関するものです。

ソース (中国語 経由

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article