33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

週刊投票:もしあなたの近くでOnePlus Ace 3が発売されたら買いますか?

Must read

テクノロジー

その1年弱後 ワンプラスエース3 が登場。 比較する を比較すると、わずかなアップグレードしか見られないが、それらは重要なものである。

テクノロジー ワンプラスエース3テクノロジー ワンプラスエース3テクノロジー ワンプラスエース3
ワンプラスエース3

Aceシリーズは、高性能だがリーズナブルなチップセットを選び、大型有機ELディスプレイと高速充電バッテリーと組み合わせ、価格をミドルレンジレベルに抑えている。昨年のAce 2にはSnapdragon 8+ Gen 1が搭載され、今年のAce 3にはSnapdragon 8 Gen 2が搭載された。OnePlusはこれらのチップをより良い価格で手に入れるため、発売から数カ月から1年待った。これは堅実な戦略だ、 古いフラッグシップ・チップが人気 読者の間で

もう1つの重要なアップグレードはディスプレイで、リフレッシュレート1-120HzのLTPOパネルになりました。サイズは基本的に同じ(0.04インチ大きい)で、解像度はFHD+とQHD+の間に位置し、6.78インチのディスプレイをシャープに保つのに役立っている。

テクノロジー この価格でLTPOパネルを見るのは珍しいこの価格でLTPOパネルを見るのは珍しい

3つ目、そして最後の主なアップグレードはバッテリーで、容量が10%増の5,500mAhとなった。100Wの有線式急速充電に対応しているため、0-100%のスプリントはわずか27分で完了する(Ace 2が5,000mAhのバッテリーを満たすのに要した時間より2分長い)。

12GB/256GBのベースモデルはわずか2,600人民元(約365円)で購入できる。エース3がグローバルリリースされることはないが、そのバージョンが中国から出るかもしれない。OnePlus 11Rは、ほぼ 同じデバイス エース2と同じなので ワンプラス12R もそう遠くはないだろう。もちろん、11Rはインドで発売されただけなので、これ以上は期待できない(しかし、嬉しい驚きを味わう準備はできている)。

今問題なのは、OnePlus Ace 3(またはそれによく似た携帯電話)があなたの地域で発売されたら、あなたは手に入れるだろうか?答えを出す前に、競合機種を見てみよう。

昨年のOnePlus Ace 2 Proも8 Gen 2チップを搭載していたが、LTPOディスプレイや大きなバッテリーは搭載していなかった。価格も高く、12/256GBモデルで2,800元。OnePlus Nord 3はDimensity 9000チップセットを搭載しており、それでもかなり速いが、非LTPOディスプレイと5,000mAhバッテリーしか搭載していない。こちらはインドではベースの8/128GBモデルが₹34,000円、16/256GBモデルが₹38,000円となっている。11Rは ₹40,000 8/128GBのユニットが₹40,000、16/256GBが₹45,000。

テクノロジー OnePlus Ace 2 Proテクノロジー ワンプラスノード3
OnePlus Ace 2 Pro – OnePlus Nord 3

vivo S18 Proは12/256GBで3,200人民元で今月末に中国で発売される。こちらはDimensity 9200+チップ、5,000mAhバッテリー、非LTPO 6.78インチディスプレイを搭載しているが、12MP 2xポートレートカメラも搭載している。

Realme GT5は、12/256GBメモリを搭載した150Wバージョンで、中国では3,000人民元である。Snapdragon 8 Gen 2チップを搭載し、144Hzのディスプレイ(6.74インチ)も搭載しているが、LTPOパネルの可変リフレッシュレートはない。バッテリー容量は5,240mAhと差がある。

テクノロジー vivo S18 Proテクノロジー Realme GT5
vivo S18 Pro – Realme GT5

Xiaomi Redmi K70は、SD 8 Gen 2チップと6.67インチ120Hzディスプレイ、さらに120W充電対応の5,000mAHバッテリーを搭載し、すでに発売されている。12/256GBモデルは2,500人民元とAceより若干安い。このモデルかそのようなモデルがPocoブランドで販売される可能性もあるが、まだ正式な情報は得られていない。

Honor X60 Proは、Snapdragon 8+ Gen 1、6.78インチ120Hzディスプレイ、35Wの低速充電が可能な5,800mAhバッテリーを搭載した、もう一つの最近の登場製品だ。こちらは背面に108MPカメラを搭載しているが、深度センサーのみが加わっている。こちらは12/256GBで2,8000人民元。

テクノロジー シャオミ・レドミ・K70テクノロジー オナーX50プロ
Xiaomi Redmi K70 – Honor X50 Pro

さて、投票の時間だ:

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article