33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

PCゲーマーよ、喜べ!Windows 11がAIを搭載してゲーム機能を強化へ

Must read

イギリス

Microsoftは、NvidiaのDeep Learning Super Sampling (DLSS)技術に似た、PCゲーム向けの独自のAIアップスケーリング機能を開発中である可能性がある。

巷では、バージョン24H2と呼ばれるWindows 11の次期バージョンは、人工知能(AI)を搭載した印象的な機能の数々を誇るだろうと言われている。

Windows OSの次期バージョンには、アプリ間のコンテキストを理解し、画面上のテキストや画像を識別できる、より進化したCopilotが搭載される見込みだ。AIを搭載したこのアシスタントは、PC上で行うすべての操作を、自然言語を使って検索しやすい瞬間に変換することもできる。

Windows 11におけるCopilotの統合を改善する試みの一環として、Microsoftは以下のことを行っている。 報告されている スマートなコパイロットのアクションとアニメーションの導入を準備している。ソフトウェア大手はまた を発表した。 今月初め、ウィンドウズ・コパイロットのフルスクリーンモードが発表された。注目すべきは、今後発表されるAI機能のほとんどが生産性重視のものだということだ。

イギリス Windows 11ではカラーマネージメント機能が改善される

現在、X(旧Twitter)のユーザーであるPhantomOcean3が、Windows 11の最新バージョン(24H2)内の超解像機能を発見した。マイクロソフトによると、自動超解像(Auto SR)は、「AIを使用して、サポートされているゲームを、細部を強化してよりスムーズにプレイできるようにする」方法だという。

バージョン24H2には、以前の報道の通り、AIによる「超解像」機能が搭載される。グラフィックス設定にあるいくつかの設定-デフォルトのトグルとアプリごとのオプション-を紹介します。(26052) pic.twitter.com/fI9t4ksTWH

– ファントムオーシャン3 ☃️ (@PhantomOfEarth) 2024年2月10日

さらに、この情報提供者は、Auto SRは「GPUの代わりにNPUを使用する」と主張している。同様に、情報筋はWindows Centralの ザック・ボウデン 超解像度は、ゲームのフレームレートを改善し、解像度をアップスケールすることで、より鮮明なビジュアルを提供する上で重要な役割を果たすだろう。

GPUの代わりにNPUを使うだけで、ほとんど同じだ。

– PhantomOcean3 ☃️ (@PhantomOfEarth) 2024年2月10日

専用のNPUシリコンを搭載したPCは、この新しいAI機能を扱うことができるだろうが、NPUを搭載していないPCが、パフォーマンスを犠牲にすることなく、賢い技術を使って画質を向上させるAuto SRをフルに活用できるかどうかは不明である。

これはNvidiaのDLSS技術のようなもので、AIを使ってゲームをアップスケールし、フレームレートと画質を向上させることができる。AMDやIntelを含む他の技術企業は、独自のバリエーションを提供している:それぞれFSRとXeSSだ。

注目すべきは、マイクロソフトがこの新しい超解像度機能を正式に発表していないことだ。そのため、これが機能するのか、特定のハードウェアが必要なのかは不明だ。NvidiaのDLSSは、RTXシリーズのグラフィックカードに搭載されているテンソルコアを使用する。一方、AMDのFSRとインテルのXeSSは、ライバルのGPUで動作する。

レドモンドに本拠を置く技術大手はまた、Windows 11向けに改良されたカラーマネージメント機能にも取り組んでいる。この機能は、HDRを使用する新シリーズのOLEDモニターに役立つだろう。Windows OSにはここしばらくの間、まともなOSレベルのカラーマネジメントシステムが欠けていた。

本日のCanaryおよびDev向けWindows Insidersビルド(Build 26052)では、ユーザーは「設定」>「システム」>「ディスプレイ」>「カラー管理」にある新しい「カラー管理」設定ページを見ることができる。この新しいページでは、カラープロファイルの追加/削除、デフォルトの設定などが可能です! pic.twitter.com/T05KvasqfO

– DirectX 12 (@DirectX12) 2024年2月8日

その結果、PCゲーマーは印象的とは言えないダイアログボックスでカスタムカラープロファイルを追加しなければならない。しかし、カラーマネジメントは間もなくWindows 11のメインディスプレイ設定エリアに統合され、PCユーザーがsRGBとDCI-P3のカラープロファイルを設定できるようになる。

これらのカラープロファイルを自動的に制御する別の機能もある。”自動カラーマネジメントは、アプリやその他のコンテンツがこのディスプレイ上で正確な色になるようにします。” とは マイクロソフトはこのカラーマネージメント機能についてWindows 11のユーザーがガンマカーブを変更できるかどうか、興味深いところだ。

イギリス Windows 11 バージョン24H2:あなたのPCはカットされるか?

とはいえ、これはマイクロソフトがWindowsのHDRサポートにさらに投資していることを示す大きなサインだ。しかし、Windows 11の次のバージョンは、すでにOSがサポートしていないPCでは起動しない。XユーザーのBob Pony氏の投稿によると、Windows 11のバージョン24H2は、POPCNT(人口カウント)命令のないCPUでは起動しないとのことだ。

あなたのCPUがWindows 11 バージョン24H2を起動できるかどうかを簡単に見分ける方法は?

AMD の場合、Barcelona マイクロアーキテクチャ以降に導入された少なくとも SSE4a が搭載されていることを確認してください。

インテルであれば、少なくとも SSE4.2 (SSE4.1 ではない) が搭載されていることを確認してください。 https://t.co/V4eXkLE5Es

– ボブ・ポニー (@TheBobPony) 2024年2月13日

言い換えれば、15年以上前のPCで、Windows 11を公式に実行できなかったPCは、OSを起動できなくなるということだ。Windows 11の次期バージョンでは、2000年代にCPUで標準化されたPOPCNT(人口カウント)と呼ばれるCPU命令が必要になった。

Intel Core 2 Duoを搭載したPCは、バージョン24H2からWindows 11を起動できなくなりますが、この変更は、Windows 11がサポートしていなくても、より最新のPC(Intel第7世代またはAMD Ryzen 1000シリーズチップを搭載)には影響しません。

Windows 11の次期バージョンは、Germaniumと呼ばれるWindowsプラットフォームの新バージョンをベースとし、AI機能を誇る最初のものになる可能性がある。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article