29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

ナスダック100先物、主要平均株価の連敗で下落:ライブ更新

Must read

株価はまちまちのまま水曜日を終える

エヌビディアが主要ETFに与える影響は?

この写真では、エヌビディアのロゴがアンドロイド携帯電話に表示されている。

オマー・マルケス|Sopa Images|Lightrocket|Getty Images

エヌビディア本日午後に発表されるエヌビディア【19659010】の決算報告は、今後の投資家心理を左右する重要な要因となることが予想されるが、パッシブファンドを保有する投資家にとっては、より直接的かつ直接的な影響を及ぼす可能性がある。

エヌビディアの過去1年間の急成長により、時価総額は1兆6000億ドルを超え、インデックスに連動する多くの上場投資信託の大きな構成銘柄となった。つまり、決算発表後のエヌビディアの株価の方向性は、木曜日にそれらのファンドがどのように取引されるかに大きな影響を与えることになる。

以下は、ファンドのウェブサイトによると、最も人気のあるインデックスおよびセクターETFの一握りにおけるエヌビディアのウェイトである。

  • インベスコQQQトラスト(QQQ) – 5.1
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)-4.1
  • テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド(XLK)-6.1
  • バンガード・インフォメーション・テクノロジーETF(VGT)-5.1
  • ヴァンエック・セミコンダクターETF(SMH) – 24.2
  • iシェアーズ・セミコンダクターETF(SOXX) – 9.9

– ジェシー・パウンド

医療トレンドは改善傾向にある、とストラテガス

Strategasによると、ヘルスケア・セクターの内部トレンドは改善傾向にあり、ハイテク企業の犠牲となる可能性があるという。

「このセクターは [is] 逆張りのETFフローに支えられ、長期的な相対的パフォーマンス・プロフィールは “ゴー・ゾーンにある “と言える」と、テクニカル&マクロ戦略の責任者クリス・ベローンは水曜日のメモに書いている。

ベローネ氏は、ハイテク・セクターから資金が流出した場合、ヘルスケア株が成長の「目的地」になる可能性があると考えている。

「医療株対ハイテク株のペアが屈折したと言うのは早計だが、(特にここ数ヶ月のフローをトラックで走り抜けることができたことを考えると)我々はより注意深く見ている」とベローネ氏。

– キム・ハギョン

エヌビディアは「より下値に弱い」、バークレイズが指摘

バークレイズによると、投資家はエヌビディアの決算報告を前に注意する必要がある。

人工知能チップメーカーであるエヌビディアは、水曜日の引け後に最新決算を発表した後、特に株価が楽観的であることを考えると、大きく動く可能性がある、とアンシュル・グプタ氏は水曜日のメモに書いている。株価が上下に10%動くとすれば、2023年5月の24.4%、2023年2月の14%に次いで、この2年間で3番目に大きな動きとなる。

一方、オプションの売買動向を示すオプション・フローは、引き続き株価の強気を示唆している。

「オプション・フローは、強気心理を示唆しており、プット対コールのOIレシオ/短日スキューは、過去5年間で最低/最も平坦な水準にある。「これは、業績が期待外れとなった場合、NVDAが下値に対してより脆弱であることを示している。

– サラ・ミン

FRB高官が金利のピークを示唆し、原油価格が上昇

2023年3月2日、テキサス州ミッドランドの石油ポンプジャッキ。

ブルームバーグ|Bloomberg|ゲッティイメージズ

米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が金利はピークに達した可能性が高いと指摘したことから、原油先物は水曜日に上昇した。

原油先物 ウエスト・テキサス・インターミディエイト 月限は87セント(1.13%)上昇し、1バレル77.91ドルで引けた。4月限 ブレント 先物は69セント(0.84%)高の1バレル83.03ドルで取引を終えた。

FRB幹部は1月の中央銀行会合で、金利はピークに達した可能性が高いとの見解で一致したという。 議事録 が水曜日に発表された。当局者たちはまた、インフレが抑制されているとの確信が深まるまでは金利を引き下げるべきではないとの意見で概ね一致した。

緊張が続く 中東で沸騰 今週、イスラエルが ヒズボラに対する空爆 レバノンのフーシ派武装勢力 別の貨物船を攻撃月曜日、そして イランがイスラエルを非難 2月14日にイスラム共和国の天然ガスパイプラインを襲った爆発について。

– スペンサー・キンボール

UBSの基本ケースでは、FRBは6月まで利下げを見送り

UBSはベースケースを更新し、連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを5月から開始するのではなく、6月まで待つと反映させた。

エコノミストのブライアン・ローズ氏は、この変更のきっかけとして、最近の雇用統計とインフレ率データの上振れサプライズを強調した。同氏は、FRBの資金目標レンジが3.25%から3.5%に達するまで、米中央銀行は四半期に1回利下げを行う可能性が高いとみている。

しかし同エコノミストは、FRBの行動にはまだある程度の不確実性があると付け加えた。

「FRBは、労働とインフレのデータが好調を続ければ、無期限の据え置きを余儀なくされるかもしれない。一方、景気が下向きに転じれば、インフレは問題にならないはずなので、FRBは大幅な利下げに踏み切るだろう」とローズ氏は書いている。

– リサ・カイライ・ハン

ボーイング、737 Maxプログラム責任者の後任を発表

2019年3月21日、ワシントン州レントンのボーイング工場で、駐機場に駐機するボーイング737マックスの航空機を示す航空写真。

リンゼイ・ワッソン|ロイター

航空機メーカー ボーイング が水曜日に発表した。 737 Maxプログラムの責任者を交代させると発表した。エド・クラークの後任である。この交代は、737マックス・プログラムの責任者であったエド・クラークの後任となる。 ボーイング737マックス9型機の側面のドアパネルが飛行中に吹き飛んだ。 .

ボーイング社CEOのスタン・ディール(Stan Deal)は、従業員へのメモの中で次のように述べている。「BCAは、納入するすべての航空機がすべての品質および安全性要件を満たし、それを上回ることを確実にすることに重点を置いており、その一環として、いくつかのリーダーシップの交代を発表します。私たちの顧客は、それ以下のものを要求しておらず、またそれに値するものでもありません」と、ボーイング・コマーシャル・エアプレーンズのスタン・ディールCEOは従業員へのメモの中で述べている。

ボーイング社の株価は年初来で22%下落している。ボーイング社の株価は、水曜日の午後にこのニュースを受けて1%弱下落した。

– リサ・カイライ・ハン

FRB高官、早すぎる利下げに慎重、前回議事録で示される

水曜日に公表された米連邦準備制度理事会(FRB)1月定例理事会の議事録によると、FRB幹部は次のように述べた。 中央銀行は急いでいない利下げを急がない

議事要旨によると、FRB幹部は主要な翌日物借入金利を据え置き、連邦公開市場委員会(FOMC)がインフレの鈍化を「より確信」するまで利下げは行わないことを示唆した。FRB幹部は、政策緩和を行う前にさらなる進展を見たいと述べ、全般的に楽観的かつ慎重な見方を示した。

「議事録によると、「政策見通しについて議論する中で、参加者は政策金利がこの引き締めサイクルのピークに達している可能性が高いと判断した。「参加者は一般的に、インフレが持続的に2%に向かっているという確信が深まるまで、フェデラル・ファンド・レート(FF金利)の目標レンジを引き下げることは適切ではないとの見方を示した。

詳しくは こちら.

– ピア・シン

S&P500種構成銘柄のうち8銘柄が水曜日の取引で史上最高値を更新

スマートフォンに表示されるダイヤモンドバック・エナジーのロゴ。

ラファエル・エンリケ|Sopa Images|Lightrocket|Getty Images

中小型株は厳しい局面を乗り越えて上昇する可能性があるとウルフ・リサーチが指摘

主要株価指数がモメンタムを変える可能性がある一方、小型株中心の ラッセル2000 ウォルフ・リサーチによると、上昇する可能性がある。

幅広いレンジで反落の可能性 S&P 500 とテクノロジー偏重の ナスダック総合株価指数 と、マネージング・ディレクターのロブ・ギンズバーグ氏。一方、ラッセル2000には上昇のチャンスがあるが、実際に上昇するかどうかは不透明だという。

ラッセル2000は、「モメンタムの観点からプラスに転じたのはごく最近のことで、上昇の可能性は十分にある。「今のところ、そうではないが、そのための準備は整っている。

ラッセル2000は、2024年に入ってから1.8%下落しているが、S&P500は4%以上、ナスダック総合株価指数は3%以上上昇している。

株価チャート・アイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

ラッセル2000とS&P500およびナスダック総合株価指数の比較(年初来

– アレックス・ハーリング

パロアルトネットワークスのガイダンス引き下げでサイバーセキュリティ関連株が下落

日中最も大きく動いた銘柄

スマートフォンに表示されるNvidiaのロゴ。

ジョナサン・ラー|Nurphoto|ゲッティ イメージズ

正午に最も大きく動いた銘柄の一部である。

全リストはこちら。

– アレックス・ハーリング

テラドック、史上最悪の2日目に突入

株式 テラドック は、低調な収益を受けて株価史上2番目に悪い日を記録する勢いだ。

バーチャル・ヘルスケア企業の株価は水曜日に25%近く急落した。過去にこれ以上の下落を記録したのは、2022年4月22日のセッションで株価が40%以上急落した時だけだ。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

コンテンツを隠す

テラドック、1日

水曜日の下落は、テラドックが第4四半期の冴えない収益を計上し、この指標に関する今四半期のガイダンスが弱かったことによる。テラドックは第4四半期に6億6100万ドルを記録し、LSEG(旧Refinitiv)が調査したアナリストの予想6億7100万ドルを下回った。今期については、アナリストが6億7300万ドルを予想していたのに対し、同社は6億3000万ドルから6億4500万ドルを予想していると述べた。

一方、Teladocは第4四半期の1株当たりの損失がアナリストの予想より少なかった。しかし、同社はアナリストの予測よりも大きな一株当たり損失のガイダンスを提示した。

Teladocは2015年に上場した。株価は2024年までに28%以上下落した。

– アレックス・ハーリング

フレグランス会社の株価、水曜日に8%下落

インターナショナル・フレーバー&フレグランス は水曜日の正午に8.4%下落した。これは、同社がまちまちの決算報告を発表し、四半期配当を減額した翌日のことである。

StreetAccountによると、項目を除いた同社の第4四半期の利益は1株当たり72セントで、コンセンサス予想の86セントを下回った。一方、売上高は27億ドルで予想通りだった。

経営陣はまた、四半期配当を81セントから50.6%減の40セントにすると発表した。

2024年の株価は現在7.6%下落している。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

IFF株式

– キム・ハギョン

パロアルトネットワークス、過去最悪の1日に

パロアルトネットワークスの株価 パロアルトネットワークス が26%以上暴落し、過去最悪の一日となった。 通期の売上高を火曜日の鐘の後、売上高と請求額の見通しを下方修正した。

新しい見通しでは、通年の請求額の伸びは10%から11%の範囲になると予想され、以前のガイダンスでは16%から17%の伸びを見込んでいた。また、収益成長率は15%から16%の範囲になると予想している。これは、18%から19%の成長を見込んでいた以前のガイダンスから減少している。

ニケシュ・アローラ最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会見で、下方修正は戦略の “転換 “を反映したもので、”成長を加速させ、プラットフォームの移行と統合を進め、AIのリーダーシップを活性化させたい “と述べた。

サイバーセキュリティ企業は、トップラインとボトムラインで四半期予想を上回った。水曜日の動きにより、同社は2020年2月以来最悪の月となり、過去最悪の週となるペースだ。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

コンテンツを隠す

株価26%下落、過去最悪の一日に

– サマンサ・スビン

ガーミン、業績上振れ、増配、自社株買い計画で急騰

ドイツ、ベルリンのガーミン社に展示されているゴルファー向けのGPS機器。

ショーン・ギャラップ|Getty Images

株式 ガーミン 同社がアナリスト予想を上回る第4四半期の業績と収益を発表した後、水曜日には11.5%急騰し、52週間ぶりの高値をつけた。

フィットネスやナビゲーション機器を製造するガーミンは、通年の売上高も57億5000万ドルと、ファクトセットが調査したアナリストが予想した55億6000万ドルを上回ると案内した。

さらに、スイス企業は株主への還元を進めている。ガーミンは6月17日現在の株主に対し、6月28日から四半期配当を73セントから75セントに増配する。ガーミンはまた、2026年12月26日まで3億ドルを上限に自社株を買い戻すと発表した。

株価は年初来で7%近く上昇している。

– ミシェル・フォックス

市場はバブルではなく、脆弱性に近づいている可能性:BofA

クオンツ・ファンド、レバレッジの上昇、モメンタム、コール・スキューは、過去に最大規模のバブルが発生した際の水準に近づいている。 S&P 500 バンク・オブ・アメリカによれば、この約1世紀でS&P500の株価が急落した。しかし、資産バブルは起こらないかもしれない。

アナリストのヴィットリア・ボルタ氏は顧客に対し、1928年以降に起きた4大脆弱性イベントのうち、2つのイベントが起きた時点の3分の2以上がこれらのマーカーで占められていると述べた。その2つのイベントとは、2018年2月の「ヴィックス・プロージョン」と2020年3月の「コヴィッド19パンデミックショック」である。

現在の市場では、モメンタムを追い求める圧力と気まぐれな流動性により、脆弱性リスクが高いとボルタ氏は指摘する。しかし、”マグニフィセント・セブン “内のボラティリティの低下は、市場が資産バブルから「程遠い」ことも示している。

ボルタ氏は、ボラティリティと相関性が低下しているため、市場の将来的などちらかの方向へのドリフトを完全に値付けしていない、方向性のあるオプションの保有を引き続き好むという。

– アレックス・ハーリング

小型株ETFに先週記録的な資金流入、バンク・オブ・アメリカが発表

バンク・オブ・アメリカによると、機関投資家顧客は先週米国株を買い越し、ヘッジファンドと個人顧客は売り越しとなった。

さらに、ストラテジストのジル・キャリー・ホールは、小型株の上場投資信託が記録的な資金流入を記録したと説明した。

「小型株ETFの勢いは止まらず、過去23週のうち22週に資金が流入し、17年以降、当社のデータ史上最大の週間資金流入を記録した(主にリテール主導の買い)。ポジティブなセンチメントが強まっているにもかかわらず、小型株のポジションは依然として軽く、バリュエーションは歴史的に見ても割安な水準にある」と書いている。

セクター別では、通信サービスが先週の資金流入を牽引し、ヘルスケアとハイテク株が最大の資金流出となった。

「この3週間は、18年以降、通信サービスセクターのネット買いが最も多かった週となった。Svcs.のネット買いは、18年以降の同セクターの歴史の中で最大の3週間となった。同セクターはまた、どのセクターよりも最近の買い越し期間が長い(16週間)」とホールは付け加えた。

– リサ・カイライ・ハン

株価は赤字で始まる

2024年2月1日、ニューヨーク証券取引所のフロアで働くトレーダーたち。

ブレンダン・マクダーミド|ロイター

エヌビディアの決算はモメンタム・トレードの重要なテストになるとウルフ・リサーチが指摘

ウォルフ・リサーチによると、エヌビディアの水曜夕方の決算報告は、株価を最高値に押し上げたモメンタム・トレンドが続くかどうかの重要な要因となりそうだ。

ストラテジストのクリス・セニェック氏は顧客向けメモの中で、モメンタム・トレードは最近の株価の急落で弱まる兆しを見せているが、より大きな反転を呼ぶにはまだ早すぎると述べている。モメンタムは、注目銘柄が市場をリードし続けるという賭けの役割を果たす取引要因である。

「モメンタム・トレードを頓挫させる重要なイベントは、AI需要とハイテク・ファンダメンタルズが幅広く軟化し始めていることを示唆することだと考えている。この流れに沿って、今夜のNVDAのリポートは、市場を大きく動かすイベントになる可能性がある。

– ジェシー・パウンド、マイケル・ブルーム

ゴング前に大きく動いた銘柄:エヌビディア、ソーラーエッジなど

これらは市場前取引で最も動いた銘柄である。

動いている銘柄の全リストを読む こちら .

– リサ・カイライ・ハン

バークレイズ、水曜発表のエヌビディア決算で米ハイテクラリーは「下支えされるはず」と指摘

コストフォト|ヌルフォト|ゲッティイメージズ

バークレイズ証券によると、ハイテク企業の業績はすでに素晴らしい決算シーズンを支え続けるだろう。

“米国のハイテクは例外的であり、次のような大きなテーマがある。 エヌビディア アナリストのアジャイ・ラジャディヤクシャは、火曜日のノートにこう書いている。”まとめると、株式の上昇の多くは、業績の改善に基づいて正当化されたものであり、そのため反落の可能性は低いと考えている。”

ラジャドヤクシャ氏は、米国の一株当たり利益の前年比成長率は5%で、欧州よりも高いと指摘した。市場全体の5分の4近くが一株当たり利益の予想を上回り、68%が売上高を上回っている、とラジャディヤクシャ氏は言う。

エヌビディアは水曜日の鐘の後に決算を発表する予定だが、昨年から人工知能の進化をめぐる興奮の中で、市場の至宝となっている。 メタ そして アマゾン.投資家は、株価がどこまで上昇できるかを測るために、チップメーカーの決算に注目している。

– ピア・シン

テラドック株、低収益で暴落

テラドック オンライン・ヘルスケア企業が予想を下回る収益とガイダンスを発表した翌朝、株価は水曜日の鐘が鳴る前に20%以上下落した。

同社は6億6,100万ドルの収益を報告し、LSEG(旧Refinitiv)が調査したアナリストの予想6億7,100万ドルを下回った。しかし、Teladocの1株当たりの損失は17セントで、調査対象のアナリストが予想した21セントより少なかった。

今四半期、Teladocは6億3000万ドルと6億4500万ドルの間の売上高を案内した。LSEGによると、アナリストの予想6億7300万ドルより低い。

テラドックの株価は、2024年に約5%下落し、より広い市場を下回っている。

– アレックス・ハーリング

ソーラーエッジ、期待外れの収益で売り越し

2021年5月17日、オーストラリア・シドニーの住宅地でSolarEdge Technologiesのインバーターを設置するSolarproの従業員。

ブレンドン・ソーン|ブルームバーグ|ゲッティ イメージズ

ソーラーエッジの株価は、まちまちの四半期決算を受け、プレマーケットで20%下落した。ソーラーインバーターメーカーの第4四半期の売上高は3億1600万ドルで、LSEG予想の3億5400万ドルを下回った。また、同四半期の損失は予想を下回った。

しかし、第1四半期の収益ガイダンスはアナリストの予想を大きく下回った。

– フレッド・インバート

アマゾン、来週にもダウ工業株30種平均入りか

2023年11月27日、フロリダ州タンパにあるアマゾンのフルフィルメント・センターのベルトコンベア上の商品。

オクタビオ・ジョーンズ|ゲッティ イメージズ ニュース|ゲッティ イメージズ

時間外で最も大きく動いた銘柄

ゴング後に話題になっている企業をチェックしよう。

パロアルトネットワークス – サイバーセキュリティー企業の 通期ガイダンス予想を下回るパロアルトネットワークスは、通期の売上高成長率を15%から16%と予想し、以前の18%から19%成長というガイダンスを下回ると述べた。同社はまた、通期の請求額見通しも引き下げた。一方、第2四半期の調整後の利益と収益はアナリスト予想を上回った。

ダイヤモンドバック・エナジー – エネルギー会社が第4四半期にトップラインとボトムラインの両方を上回った後、株価は1.6%上昇した。ダイヤモンドバックは、22.3億ドルの収益で1株当たり4.74ドルの調整後利益を計上した。LSEG(旧Refinitiv)が調査したアナリストの予想では、売上高21億7000万ドルで1株当たり利益は4.66ドルだった。

シーザーズ・エンターテインメント – ホテル・リゾート株は、前四半期の収益未達で1%以上下落した。LSEGによると、シーザーズの売上高は28.3億ドルで、アナリストの予想は28.5億ドルだった。

– キム・ハギョン

株式先物、火曜日は下げて始まる

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article