33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ボツワナ、2024年の世論調査を前に2008年以来最も高い失業率に迫る

Must read

テクノロジー

2023年、モクグウェツィ・マシシ大統領は、政府が10万人の雇用を創出したと主張したにもかかわらず、バツワナ人の少なくとも10人に2人が失業している。ボツワナの失業率は2008年以来、過去最高の数値に近づいている。

ボツワナ銀行の2023年の見通し 年次報告書 今週発表された年次報告書によると、総雇用者数は2022年の717,725人から2023年には788,616人に増加したものの、日本経済は拡大する労働力に対して十分な雇用を創出できていない。若者の失業率も2022年の33.5%から2023年には34.4%に増加している。

今週発表された中央銀行の2023年年次報告書によると、ボツワナの失業率は2023年に25.この数字は、ボツワナの失業率の上昇を示唆している。 アフリカ南部の国 は、2008年の金融危機の際に記録された26.2%の失業率に達する恐れがある。

マシシ大統領は2018年、”何千もの雇用を創出する “という公約を掲げて就任した。彼の最後の 国家代表演説 2023年11月、彼は 主張 10万人の雇用を創出したと主張している。中央銀行の数字は、マシシ大統領の2期目招致を後押しするもので、マシシ大統領は国内の若者層へのアピールに力を入れている。5億ペソ(3700万ドル)のような数多くの雇用創出のイニシアチブを通して チェマ・チェマ基金起業家ベンチャーに資金を提供するマシジは、つかの間の雇用創出の約束を実現しようとしている。

「彼が大統領に就任して以来、失業している者もいるし、次の選挙を数カ月後に控えているが、何も変わっていない」と工学部出身のカギソは言う。

2024年末の総選挙を前に、1966年の独立以来政権を維持しているボツワナ民主党(BDP)のマシシ大統領は、政府の雇用公約の成功について何度も言及している。最近の政治キャンペーンでマシシ大統領は、政府の政策が “雇用の創出と生活の質の向上 “において効率的であることが証明されたと述べた。

政府は依然として国内最大の雇用主であり、国内の労働人口の18%以上を雇用している。GDPの35%を占める国の至宝である鉱業は、11,412人、国の全雇用の1%しか雇用を生み出していない。

テクノロジー アフリカのハイテク関連のニュースレターを受信する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article